【ネイル検定を合格するために】専門スクールに通おう

芸能人の服をコーデ

なるための方法とは

洋服

スタイリストとは、芸能人やモデルなどの服や小物を総合的にコーディネートする仕事です。
流行を抑えつつ、その人らしさやアピールしたいポイントもふまえてファッションアイテムを選んでいくことが重要となります。
ファッションが好きな人ならば一度は憧れたことがある仕事といえるでしょう。
スタイリストになるためには、スタイリスト事務所に所属するという方法と、フリーのスタイリストについて、アシスタントとして経験をつみ、独立するという方法があります。
いずれの場合も、基本的には、持っていなければならない資格というのはありません。
ですが、服飾についての基本を身につけているかどうかを測るために、「服飾専門学校卒または在学中」であることが条件となっていることも多いです。
ある程度の知識を持っていた方が、仕事を始めてからのギャップも少なく、結果的に自分のためになります。
専門学校に通うメリットはいくつかあります。
一つ目が知識や技術を基礎から学べるということです。
カラーコーディネートや、服飾の基本、体型とのバランスを考えたコーディネートの仕方など、学ぶべき知識と技術は多くあります。
型を破るにしても基礎がなければ美しくはなりません。
二つ目がコネや人脈が作れるという点です。
専門学校ではプロのスタイリストが講師をしていることも多く、講師からコネや人脈が作れます。
専門学校からインターンシップができることもあり、現場でプロの仕事を学ぶこともできます。
そこで目をかけてもらってデビューとなったり、働き出してから顔を覚えてもらったりする可能性もあります。
人脈作りができるのが最大のメリットといえます。

夢の職業に近づきやすい

服

スタイリスト養成コースを設置している専門学校は、スタイリストになる夢を持つ人に人気です。
大学とは異なり、専門学校は時代のニーズに合った学科を作りやすく、流行に遅れることがないのが特徴です。
実際にファッション業界で経験を積んだ講師や、一線で活躍中の講師が多数在籍しています。
テキストで知識を詰め込むだけの授業ではなく、実際に現場で役立つ技術も習得できます。
更に、専門学校はアパレル企業などの企業との結びつきが強固です。
在学中からアパレル企業協賛の展示会や、ファッションショーを経験できる専門学校もあります。
スタイリストに必要な知識は、ヘアメイクや特殊メイク、着物の着付けに洋服のコーディネイトなど、多岐に渡ります。
多くの知識を得ることで、表現の幅を広げることが可能です。
専門学校を選ぶ際には、講師の現場での経験値やカリキュラム内容をしっかり見極めることが大切です。
多くの知識と経験を習得した後に卒業となります。
殆どの卒業生は、ファッション業界に就職します。
専門学校はファッション業界と繋がりがあるので、就職率は高水準を維持しています。
就職ガイダンスは早い段階で開始し、個別カウンセリングも実施して学生の不安や悩みにも対応しているので安心です。
具体的な進路はファッション雑誌やTVコマーシャル、テレビ番組や映画、ファッションショーなどのスタイリストです。
独立開業に関しては、多くの専門学校で卒業後でも相談に応じています。

情報を集めることが大切

洋服

ファンションや芸能の世界で重要な役割を果たしているスタイリストは、いつの時代も人気の職業となっています。
スタイリストを目指す道は一つではありませんが、スタイリストコースを設けている専門学校で、基礎から業界に対応できる力を付けていくこが有効です。
スタイリストコースを設けている専門学校では、スタイリングの知識技術を身に付けるだけでなく、現場を想定した実践授業も行われます。
プロ仕様の撮影スタジをを使用し、実際の仕事の流れに沿ったワーク指導を取り入れている専門学校も少なくありません。
また、スタイリストは映像関係や広告関係など、各業界からの要望を理解しファッションとして形にすることが求められます。
異なる分野それぞれの要望に的確に応えられるよう、専門学校では様々なディレクションテーマを想定して授業を展開しています。
スタイリスト専門学校を選択すれば、これらの事柄を専門的に学ぶことができますが、ただアプローチの仕方は少しずつ異なってきます。
各校に共通する授業でも時間の配分が違っていることもあるでしょうし、授業で使用する設備や施設環境も異なってきます。
そのため、専門学校を選ぶ際にはそれぞれの施設を比較検討して決めることが大切です。
スタイリストコースを設けている専門学校はいくつもあり、選択肢は豊富に存在しています。
各校パンフレットの請求や、学校説明会、オープンキャンパスなどに対応しているため、情報収集をおろそかにせず、自身に合ったところを選択しましょう。

知識や技術を高める

手

ネイリストになるためには正しいネイルの知識を身につけ高い技術を必要とします。もちろん経験も大切ですがまずはじめに知識や技術を身につけるためにもネイルスクールに通っておくべきです。東京にはネイル専門のスクールもありますのでスクールの情報を調べてから入校をしましょう。

もっと読む

ネイル習得にかかる費用

ネイル

名古屋でプロを目指してネイルスクールに通う場合は、相応の費用が必要です。しかし、道具を安く揃えられるなどの特典があり、場合によっては分割払いや教育ローンも利用可能となっています。そのため、初心者のうちに入学されることをおすすめします。

もっと読む

芸能人の服をコーデ

洋服

スタイリストになるのに必ずしも資格は必須ではないが、専門学校に行く方がメリットは大きいです。一つ目のメリットが知識と技術を基礎から学べるという点、二つ目のメリットが人脈とコネを作ることができるという点です。

もっと読む